日記才人

2009/06/14(Sun)
安井塾
前にお話しした《安井塾》、今回はセミナーじゃなくて演技塾です.
ご要望にお応えして〜ということで、《安井塾》の番外編としてやることに致しました.

日時:18時〜22時
◯7月6日 世田谷区喜多見地区会館
◯7月9日 世田谷区代田区民センター
◯7月13日 世田谷区砧地区会館
◯7月16日 世田谷区代田区民センター

会費:一日4時間 3500円

四回で、肉体訓練、演技基礎、朗読、エチュードなど
出来るだけ全日参加して下さい.

お申し込みは私のところにメル下さい.
実は担当者のネットがただ今繋がっていないそうです.
だから直接あたしにメルということになっちまっているのですよ(笑)
http://yaps.jp/f_mailer_form.html
繋がり次第、バトンタッチ致します.
2009/05/16(Sat)
和泉元彌さんの「幕末侍伝説CHUJI」
土曜日の歩行者天国をかいくぐって、銀座の博品館劇場まで行って参りました。
以前告知した『幕末侍伝説…CHUJI』に、元彌さんが出演しているからでございます。
劇場超満員。受付処理の混乱で15〜20分は開演が遅れたんじゃないかしらん。ここ、エレベーターを出たエリアが劇的に狭いからねえ。
まあ、芝居の中でなんども「開演が遅れて申し分けない〜」と言っておりましたが(笑)

元彌さん、そりゃあ、素敵でございましたよ。
何しろいい男ですから。
ぐっと大人になりました。
そして、立ち回りは初めてと言いながら、さすがに身体能力は超人的故に、とてもよろしゅうござんした。
赤城の山も〜と、国定忠次が追われてから以後のお話。よく出来てました。
何度もウルウルしてしまいました。
いい役者になりましたねえ。

終演後、楽屋にお邪魔して恒例のハグ(笑)

あたしは何時でも応援していますからね。
又久しぶりにご一緒にお仕事したいですねえ〜

2009/05/11(Mon)
舞台告知
今朝、和泉元彌さんから電話がありまして、
久々に舞台をやるというのでちょっと宣伝です.
国定忠次のなくなった後の話のようです.
元彌さん,初めてのハードな殺陣があるのでかなり気合いが入っていました.
彼とはNHKの大河ドラマ『北条時宗』で、私が演技指導をして以来のお付き合いです.かなり長くなりました(笑)

芝居告知『幕末侍伝説CHUJI』

日時:2009年.5月13〜17日
13日       19時開演
14日 14時開演 19時開演
15日       19時開演
16日 14時開演 19時開演
17日 14時開演

劇場:銀座博品館劇場
あらすじ:“忠治親分”という大きな支えを失い、ただ自堕落な日々を送るだけの子分達の前に、ある日突然、”親分”と瓜二つの男が現れたら…。
子分達は…。そして、間違われたその男は…。
互いの思惑と苦悩と熱いハートが、騙し騙されぶつかり合い溶け合った先に 出てきた答えとは…。
「赤城の山も今宵限り」の名セリフで有名な「国定忠治」をアレンジし、笑いと涙と感動をコンセプトに、迫力の殺陣はもちろん、ショーアップさせた踊りも織り込み、お届けいたします

前売り:5800円  当日:6300円
チケット申し込みは03−5114−6736(トゥワイスボイス 深谷宛)
E-MAIL:twice-voice@blue.ocn.ne.jp
2009/05/10(Sun)
昔きものを楽しむ会
もう10日程前になりますが,『昔きものを楽しむ会』の第一回を自由が丘で開催しました.
いやいや,楽しかったです.

やはり女性はあれやこれやときものを着たり、おいしいものを頂いたりするのが大好きなのですねえ.

今回のテーマは、昭和の匂いのする,昔きものを楽しんで着て、そして朗読を聞きましょう.というものです。

自由が丘の、歴史のある建造物で「みかもの会」が参加者を募って下さっていて、そこに私のチームが昔きものを持ち込み、ヘアーメイクアーティストにメイクと昭和な髪型を作ってもらい、美しいお庭でお着物ショットを撮影し,そして、おいしい和菓子とお茶を頂き、朗読を聞く〜

もう、お座敷はきものをあれこれ着替えたり、あれが着たい,これはどう?などの嬌声が飛び交っておりました.

午前と午後の二回の会です.
あたし達スタッフも途中からお着物を着てメイクをしたり,着付をしたりで楽しかったですよ.
みんな,私の着付を喜んで下さって,きもののコーディネートを楽しんで下さいました.
洋服とは違う色合わせ,柄合わせ、そこが又楽しいのです.

参加して下さったのは10代から70代までの女性.
男性からも参加希望があって,きものを着て楽しみたいと仰って下さったようですが,なにしろあまり広いお座敷ではなかったために、女性に限定させていただきました.男性にも楽しんでいただきたかったです.
私の持っている,紋付羽織り,アンサンブル.男の人用の着付も披露したかったです.

可愛いお着物と帯、長羽織をたくさん持って行ったので、即売会をして欲しいなどとの声もありました.昔きものを廉価に味わえるのなら、きもの人口が増えそうですね.

これからは会の最後に即売会もつけましょうか(笑)

たくさんの人たちに,着ていただいて、喜んでいただいて、きものの供養になったと思います.有り難うございます!
2009/04/20(Mon)
劇作家 竹重洋平
無事に初日が開きました!

手応え十分、竹重の久々の書き下ろしですから、ある意味、幕が開いてお客様にこの新作を問うという意識がありました。

劇作家としての竹重洋平、正直言うと、その進化のスピードに劇団員が付いていくのが大変な有様なのです。

初日の幕が無事開いたことの安堵と、これから26日までの公演を一人でもたくさんの方に見ていただきたいと思います。

そして…

劇作家、竹重洋平から目を離すなと言いたい!

今です、今。

彼の脳内宇宙の進化の過程を見逃さないで下さい。

この七月には池袋あうるすぽっとで「からっぽう」再演。竹重のことだからただの再演で済ませるはずがない。

そして秋は劇団キャラメルボックスに書き下ろします。詳細は後日。

つまり、竹重洋平と弾丸MAMAERは今か狙いどきなのですよ〜。
中野ポケットでお待ちしています!
2009/03/21(Sat)
今日、草月ホールで見た舞台。舞台といっても芝居ではありません。
韓国のサムルノリの創始者で、人間国宝の金徳洙(キムドクス)さんのチャンゴでした。

私は韓国のリズムが大好きです。幕が開いて、彼のチャンゴが聞こえたとき…鳥肌が立ちました。

キムドクスの人懐っこい笑顔にまた人生のヒダヒダを感じてしまうのです。

今日出演された津軽三味線木乃下真市さん、この音色もすごかったし、二人のコラボレーションは手に汗握る壮絶なものでした。一曲目の演奏中に三味線の皮が破けるというハプニングもあったのですよ(汗)

キムドクスさんの一代記を会場で買って、終演後にサインしていただきました。

実はね、先日ソウルに行ったとき、キムドクスさんの演奏を聞こうと思っていたのに、休演だったのでした。こんなに早く東京で聞くことが出来てとてもうれしかったです。
2009/02/22(Sun)
オーデション結果
本日が『Desperate Broadway』オーデション結果の発表でした。
昨日はけっこう悩みましたよ。
みんなのピカピカした笑顔と汗、感動しました。
本日結果をメールしましたが、万一、何の連絡もないという方は問い合わせ下さい。メールが迷っている可能性がありますから。


今回の舞台は子役さんも参加してくれて、かなり厚みのあるキャスティングが出来そうです。
脚本に気合いを入れなくては〜(汗)

ダンス部門、地獄の特訓が始まりそうだし、芝居もキャストが決まったところで、何回かワークショップをしようと思っています。

参加してくれるみんながスキルアップして、スパイラルなミュージカルをお見せ出来るようにがんばります。

ワークショップオーデション参加して下さってありがとうございました!
Pass:
切って出し日記 Ver1.4 CGI-PLANT